2011年1月10日月曜日

参鶏湯風鍋

今夜は、参鶏湯風鍋を作ってみました。土鍋で30分も煮てみると、鶏肉(モモ)が箸でも切れるくらいに柔らかく、ニンニクは口の中でトロけるくらいになってしまうのですね。手前みそですが、美味しくできました。

レシピは、雑誌を参考にいたしました。
2人前で
■鳥もも 200gくらいひとつ (日本では、骨をはずしてパックしてくれているので親切ですよね。ベルギーのスーパーだと骨付きのままなので、骨除き作業からはじめなければいけませんでした。これが面倒くさいし、手が鳥の脂でベトベトになるわ。。。)
■にんにく 大粒 ひとつ
■しょうが スライスして3枚
■にんじん半本  (高麗にんじんの代わりのつもり)
■朝のおかゆの残り 少々 (もち米の代わりのつもり)
■塩 小さじ 1杯

以上を土鍋に入れて、お水を適量いれて30-40分ほど煮込んだだけです。

実は、塩は、雑誌には1杯とあったのだけど、味薄いのではないかとおもい、小さじ2杯投入してしまった。
これで塩味がきつくなってしまいました。味の調整のため、中華スープのもとを小さじ1杯、たまねぎ1個を4分の一にカットして1個分を臨時で投入して、どうにか調整に成功いたしました。

また近いうちにやろう。次回は、塩加減は味見をしながらにしたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿